総量規制と貸付残高

少量規制という事を聞いた事があるでしょうか?総量規制とは、融資や借り入れを行う際に原則として、年収の3分の1までに制限されると言う事を指します。
貸し付けや融資の契約については、個人向けと、法人向けとで分かれますが、総量規制の対象となるのは個人での貸付が対象になります。

しかし、個人が事業用の資金調達の為に借り入れをする場合には総量規制の対象にはなりません。それから住宅ローンなどの高額な借り入れも総量規制と貸付残高に含まれません。
そして、年収の3分の1に制限されていると言う事ですが、これは全ての消費者金融や、銀行などの一般金融業者から借り入れを行っている総額残高が年収の3分の1という事です。
くれぐれも1社につき年収の3分の1の借り入れを行う事が出来るというわけではありませんので、注意が必要です。
あくまでも全ての借り入れが年収の3分の1であるという事になります。

その他には突然の病気やけがで病院にかかったり、入院を余儀なくされてしまい、高額医療としての借り入れは年収の3分の1の借り入れを超えていてもさらに借り入れ出来る事があります。
そして各金融機関に高額医療としての借り入れを行う事が出来るか、確認が必要になります。