貸金関連の法律改正の背景

貸金関連の法律改正の背景には多重債務で生活が困難である人を生活再建する方向で施策されたり、闇金融業者の撤退を視野に入れた動向があります。
多重債務に陥っているほとんどの人は通常の一般金融業者からの借り入れを拒否されてしまう事も多く、審査が簡単で甘すぎる闇金業者に借り入れを申請し、 さらなる多重債務に陥り、自分では後戻りできない状態になってしまう事も少なくありません。

しかし、近年の貸金関連の法律改正の背景により、利息の上限や、年間収入の3分の1までの借り入れしかできない事が法律により制定されました。
その為闇金業者での金利は法外に高すぎると言える金利であるので、見つかり次第摘発されたりという事になります。また、一般消費者金融業者の利息もグレーゾーンと呼ばれる金利率である場合もあり、 法律で制定された金利よりも高い金利貸付を行っている場合、多く支払われた利息分に関しては、払い戻しをしなければいけないと言う事になりました。

そしてその多く支払った分の利息に関しては過去10年間に上って返済請求する事が出来ますので、すでに完済をした人ももしかしたら多く支払った利息が戻ってくる場合があるかもしれません。
しかし、確実に利息が戻ってくるとも言えませんので、確認する必要もあるはずです。