保障債務と検索の抗弁権

保証債務とは元の債務者が債権者に何らかの事情で返済できなくなってしまった場合に返済を元の債務者に代わって行う保証人が存在する債務です。
保証債務は、保証人か連帯保証人が必要になり、保障債務と検索の抗弁権について主張出来るのは保証人になります。
また連帯保証人は保障債務と検索の抗弁権について主張することはできません。

それでは、検索の抗弁権とはどんな事かと言いますと、通常元の債務者が返済が出来なくなってしまった場合、債権者は保証人に返済の請求を行うはずです。
しかし、元の債務者に不動産などの財産がある事を知っていた場合、その財産を担保に返済をして欲しいと思いますよね?

その為、保証人は、元の債務者が不動産などの財産を持っているので、その財産で返済に充てて欲しいという証明を出し、元の債務者の財産を差し押さえて欲しいという事を主張出来る権利でもあります。
その為、保証人になっているからとはいえ、100%保証する訳ではなく、元の債務者の事情を把握し、債権者に通知することが出来ますので、返済を免れる事が出来るのです。
一方、連帯保証人の場合です、保証人とは逆で、連帯して責任を負う必要がありますので、債権者からの返済請求を拒否する事は出来ません。そして、抗弁権はないという事になります。

 

住宅ローン関連サイト

ミックスローンのメリットとは?シュミレーション比較!【諸費用高い?】
ミックスローンは上手く使えば返済額を有効に抑えられます。
ですが、メリットだけではなくデメリットもありますのでその点もよく理解した上で借りるようにしましょう!
当サイトで詳しく解説しています。